車椅子の天才物理学者

スティーヴン・ホーキング博士

(1942年1月8日 - 2018年3月14日)
私は今、兄のスティーヴン・ホーキングとともに日本を訪れています・・・(1990年9月)

ホーキング博士はご存知のように、車椅子の天才宇宙物理学者として世界的に有名です。 ケンブリッジ大学でエイトのコックもつとめた快活な若者は、筋萎縮性側索硬化症と診断され、歩くことも話すことも出来なくなりました。しかし当初2〜3年といわれた彼の病状の進行が遅れて研究の意欲を取り戻した彼は、宇宙のはじまりには特異点が存在するはずだという「特異点定理」を発表、それまでの宇宙物理学を大きく変え、1974年には史上最年少の32歳でイギリス王立協会会員となり、ケンブリッジ大学のルーカス記念数学教授職につきました。このポストはかのニュートンが占めていた要職です。

丁度ホーキング博士が発病するかしないかの頃、このホーキング博士の実の母親と妹が、私の郷里、本州の北の果ての一地方都市を訪れ、そしてその文化を讃えたのです。

後に知ることになりましたが、ホーキング博士もクラシック音楽、とくにモーツァルトを、そしてもちろんあのお母さんの作ったプディングを愛しているそうです。

天才は! 忘れた頃に やってくる!



ホワイトハウスでの講演(1998)

追信:わが家のブラックホールはその後水洗になりました。
このフィリパ(Philippa Hawking)さんのことを綴ったエッセイ「ケツとゴク」はこちら。

HOME |総合インデックス