今月のご挨拶
11月のご挨拶が遅れました。このご挨拶は私がホームページを1996年に開設して以来、毎月更新してきましたが、最近ではSNSの普及により、さすがに時代遅れになってきました。また、この11月で満88歳になる母が楽しみにして見ているので、続けていましたが、ここへきて諸般の事情からPCの利用が困難になってきました。ということで、これからは気が向いた時に更新しますのでどうぞお許しください。
先月は、沢田研二のドタキャン騒ぎが印象に残っています。分野は違いますが、6000人も集まったコンサートを、8000人集まらなかったからキャンセルするとは、さすがに呆れました。とはいうものの、芸術の世界では、本人が最高のものを出せないならば、キャンセルすることは案外許されるかもしれません。クラシックでも、以前はピアニストのミケランジェロや指揮者のカルロス・クライバーがキャンセル魔と言われましたが、その価値はむしろ高まりました。沢田研二の価値がどれほどかは分かりませんが、時がその答えを出してくれるはずです。
ちなみに、沢田研二の自宅は私の自宅の向側の山手にあります。近所の子供が、ハローウィンのお菓子を貰いに行ったと話していました。
HOME |総合インデックス